農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

セックスレスを解消する性欲を高める極意#4

性欲が低いほど男女関係は良くなる


これはミシガン大学他の研究で、男性の学生を対象にテストステロンと女性との交際状況をチェックしたものです。
このデータによると、彼女がいない人ほどテストステロンの値が高く、彼女がいる人ほど値が低くなりました。
つまりどういうことかと言うと、
  • テストステロンが低い男性=女性と長期的な関係を築きやすい
  • テストステロンが高い男性=長期的な関係になるとテストステロンが低下
といった感じになっているということです。
これはなぜかと言うと、テストステロンが低い男性ほど「子育て」に有利だから、進化上こうなるというわけです。


スケべであるほど正直者


Matthias Wibral,et al.の研究によれば、テストステロンの値が高いほど嘘をつきにくく、正直に答える傾向があったということです。
これはよくある「結果を自己申告してね」系の実験で、サイコロを振ってもらい「6」の目が出た人に賞金をあげるというものです。
ただ、これには先に「テストステロンを増やす」仕掛けがあり、テストステロンを故意的に増やしたグループとなにもしないグループで比べます。

その結果、テストステロンが高い参加者はズルをしなかったわけです。
これは「テストステロン値が高い=社会にとって役立つ行動をするようになる」ということで、プロソーシャル(向社会的)な行動をとりやすくなるようです。

プロソーシャルというのは「見返りを求めず他人の役に立つ」ということで、ギバーに近い考えのことです。
これのおもしろいところは、プロソーシャルな行動をとると、またプロソーシャルな行動をとりたくなるということです。
つまり、正直者は「他人の役に立ちたい」と考え行動、その行動が引き金となって「また他人の役に立ちたい」と考え動く傾向が高まるということです。


神がかったまとめをしてみる


それらをまとめると、テストステロン値の高い(=スケベな)男性は、正直者で人に優しく、他人の役に立ちたいと考えているため、女性に対してジェントルな対応をしてくれる上に、それが継続する。
さらにテストステロンの高い(=性欲の強い)男性は、女性との関係が長期化するほど値が下がるため、良好な関係を維持しやすくなる。
しかし、長く付き合うほどテストステロンが下がることで、素の自分(嘘や紳士的対応など)が戻ってくる。




え!?なにが言いたいかって?
それは簡単さ!
俺を選べばいい!笑







▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼manebi(Webキャスティング)

もっと深い専門知識を身につけたい方はこちら。

心理カウンセラー入門<フルバージョン>
信頼感を得るため押さえておきたい<スタンス>
FBI交渉術から学ぶ話を引き出す<テクニック>
いま学んでおくべき主な技術と効果<心理療法>

モテるを作る恋愛心理学<コンプリート>
行動経済学からモテる&女性脳を理解<男性向け>
恋愛における幸福度&男性脳を理解<女性向け>
恋愛へ発展&長続きさせるテクニック<男女共通>

心を開く説得・交渉術<コンプリート>
交渉の上手い人が使う交渉戦略<スタンバイ>
状況が人間に与える影響と選択<コントロール>
金銭交渉・瞬間説得・承諾誘導<テクニック>

自分を操り人を動かす経営術<フルバージョン>
経済的成功者が持つ3つの条件<タスク>
仕事環境を整え生産性を最大化<システム>
アイデア発想法&心理誘導法<ファクター>

人と差をつける勉強法<フルバージョン>
学習でやめるべき&するべき原則<ベース>
認知科学が明かした記憶&勉強法<マスター>
科目ごとの学習&戦略的勉強法<テクニック>


▼お悩みを解決したい方はこちら

コメント