農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

最短瞑想のすヽめ#2

たった数日で効果が出る「お瞑想」編


1日25分の瞑想を3日だけ

これはカーネギーメロン大学の研究で、66人を対象に1日に25分の瞑想を3日間続けてもらいました。
その結果、緊張する人前でのスピーチや数学のテストなどのスコアが向上したというものです。
つまりはストレスや緊張、不安の軽減や脳機能がアップしたということです。

1日20分の瞑想を4日だけ

ノースカロライナ大学の研究では、参加者63人を対象に1回20分間のマインドフルネス瞑想を4日行ってもらうというものです。
すると、脳の実行機能やワーキングメモリに大幅な改善が見られました。
実行機能というのは、自分が置かれている状況において適切に判断し行動する認知システムのことです。
で、これに含まれるのがワーキングメモリ(作業記憶)と呼ばれるもので、安産…暗算をするときなどに一時的に記憶しておく領域を指します。
たとえば「38+23+44は?」というものなら、先に「38+23=61」と出して「61+44=?」と考えますよね?
この時の「61」を覚えておかないと答えがでないので、これを一時的に覚えておくのがワーキングメモリだと思ってくれればOKです。
つまり、なんらかのタスクを行う際の一時保管システムが向上したため、課題にスムーズに取り組むことができたというわけです。

1日40分の瞑想を4日だけ

こいつはマハリシ経営大学の研究で、96名の学生を対象に1回20分のトランセンデンタル・メディテーション瞑想(超越瞑想)を1日に2回ずつ行ってもらいました。
超越瞑想(TM瞑想)ってのは、米女優のキャメロン・ディアスや俳優のヒュー・ジャックマン「グラン・トリノ」なんかでも有名なクリント・イーストウッドたちもやっているややスピリチュアルな瞑想法です。
簡単にいえば、特定のマントラを唱える瞑想のことをいいます。
てことで話を戻すと、4日後にEQ-iテストを行ったところ感情的知能指数が明らかに改善したという結果です。
つまりはTMレボリューション…もとい、TM瞑想を1回20分を2回、4日連続で行うことで、自分の感情コントロールや他者への共感力が高まるということです。

1日45分の瞑想を10日だけ

ライデン大学の研究によると、1日45分のオープンモニタリング瞑想を10日間行うことで拡散思考が起こりやすくクリエイティブになれるということです。
オープンモニタリング瞑想というのは、いわゆるヴィパッサナー瞑想のことで、頭の中に浮かんだ思考や感覚を観察して実況する瞑想のことです。
要するにこれを行うことで、ある特定の情報からイメージを膨らませて斬新な考えや解決策を思いつきやすくなるといった感じです。

最短で成果を出す瞑想についてはこれで終わりですが、「拡散思考」ってワードが出たんでついでに拡散思考レベルを測るテストをご紹介しておきます。


以下の単語に共通する要素は?


それぞれに共通する要素を答えなさい
  • 「青、虚、真」=「空」
  • 「出、数、化」=「羽」
  • 「位置、重り、北」=「あ」をつけると県名になる
  • 「魚、玉、無」=「鉄砲」
  • 「場、朝、砂」=「風呂」
答えは白文字なので、選択すれば見れるようになっています。

これをさらっと解けた人はかなり地頭が良いといっていいでしょう。




私くらいになると余裕で全問わかりませんわ!笑







▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼manebi(Webキャスティング)

もっと深い専門知識を身につけたい方はこちら。

心理カウンセラー入門<フルバージョン>
信頼感を得るため押さえておきたい<スタンス>
FBI交渉術から学ぶ話を引き出す<テクニック>
いま学んでおくべき主な技術と効果<心理療法>

モテるを作る恋愛心理学<コンプリート>
行動経済学からモテる&女性脳を理解<男性向け>
恋愛における幸福度&男性脳を理解<女性向け>
恋愛へ発展&長続きさせるテクニック<男女共通>

心を開く説得・交渉術<コンプリート>
交渉の上手い人が使う交渉戦略<スタンバイ>
状況が人間に与える影響と選択<コントロール>
金銭交渉・瞬間説得・承諾誘導<テクニック>

自分を操り人を動かす経営術<フルバージョン>
経済的成功者が持つ3つの条件<タスク>
仕事環境を整え生産性を最大化<システム>
アイデア発想法&心理誘導法<ファクター>

人と差をつける勉強法<フルバージョン>
学習でやめるべき&するべき原則<ベース>
認知科学が明かした記憶&勉強法<マスター>
科目ごとの学習&戦略的勉強法<テクニック>


▼お悩みを解決したい方はこちら

コメント