農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

脳のバリアを守れ!リーキーブレインの恐怖#3

リーキーブレインを防ぐ対策を2つご紹介しました。
さらっとおさらいすると、「慢性炎症を鎮静化」、「先に腸のバリアを回復」というものです。
やはり最も大きな原因となるのは、「慢性炎症」であるということです。
なぜなら、すでにバリアを突破された結果が炎症に繋がるためです。
なので、バリアの再建と根本的な改善をしなければいけないということです。


脳のバリアを構築し直すガイドライン


血糖値を安定化させる

意外にも血糖値が高いこととリーキーブレインには関係があり、高血糖はリーキーブレインの大きな原因になることがわかりました。
なぜかというと、
  1. 血糖値が上がる
  2. 酸化ストレスが増える
  3. 酸化ダメージで炎症が起こる
  4. ルジェ細胞が傷つく
  5. THEリーキーブレイン!
といった流れが巻き起こるからです。
なので、血糖値の上昇を抑えておくことが大切です。

ホモシステインを撲滅

肌と脳を劣化させる、アンチイジングの敵です。
簡単に言えば「タンパク質の食べカス」みたいなヤツで、一応アミノ酸。
この物質を無毒化するには、葉酸とビタミンB6とビタミンB12が必要になります。
これを多く含む食材は、みなさん大好きな、レバーです。
——わたしは嫌いですが。笑
なので、これを飲んでいます。

使えそうなサプリ

ここらへんは、動物実験がメインなんでリーキーブレインに効くかどうかはやってみないとわかりません。
そうはいっても、クルクミン、ビタミンD、メラトニンあたりは他の目的で必須になるので飲んでおいて損はないことでしょう。

なんだか煮え切らない感じですが、現状ではこれが限界。
なぜなら、まだ新しい概念だからです。
だからこそ今のうちから対応しておけるものは、対策しておくことをおすすめします。




ホモシステインだけはガチで取り除いておきたい!







▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼manebi(Webキャスティング)

もっと深い専門知識を身につけたい方はこちら。

心理カウンセラー入門<フルバージョン>
信頼感を得るため押さえておきたい<スタンス>
FBI交渉術から学ぶ話を引き出す<テクニック>
いま学んでおくべき主な技術と効果<心理療法>

モテるを作る恋愛心理学<コンプリート>
行動経済学からモテる&女性脳を理解<男性向け>
恋愛における幸福度&男性脳を理解<女性向け>
恋愛へ発展&長続きさせるテクニック<男女共通>

心を開く説得・交渉術<コンプリート>
交渉の上手い人が使う交渉戦略<スタンバイ>
状況が人間に与える影響と選択<コントロール>
金銭交渉・瞬間説得・承諾誘導<テクニック>

自分を操り人を動かす経営術<フルバージョン>
経済的成功者が持つ3つの条件<タスク>
仕事環境を整え生産性を最大化<システム>
アイデア発想法&心理誘導法<ファクター>

人と差をつける勉強法<フルバージョン>
学習でやめるべき&するべき原則<ベース>
認知科学が明かした記憶&勉強法<マスター>
科目ごとの学習&戦略的勉強法<テクニック>


▼お悩みを解決したい方はこちら

コメント