農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

どれくらいの「ながら食い」で太ってしまうのか?

一般的にも「ながら食い」をすると「太るよ」と言われますが、ホントです。
マサチューセッツ大学の研究では、30分の間に摂取カロリーが71%も増えたという恐ろしい結果になってます。
これはなぜなら、食事以外に注意が向いている状態で人は「柔らかくて味の濃いものをたくさん食べる」ようになるからです。
要するに、味覚が狂っちゃうわけです。
他の研究でも、通常よりも1.5倍多く食べてしまうということがわかっています。


ながら食いで間食が増える


これはバーミンガム大学の研究で、39人の女性を対象に3つのグループに分けます。
  1. スマホでゲームをしながら食事(集中レベル低)
  2. ボードゲームをしながら食事(集中レベル中)
  3. とにかく食事のみに集中(集中レベル高)
そのあとで、グループごとに「どれくらい間食をしたのか」を調べたところ、
  • 1のスマホグループは、食事に集中したグループよりも69%お菓子を多く食べた
  • 2のボードゲームグループは、食事に集中したグループよりも28%お菓子を多く食べた
という結果になりました。
要するに、気が散っているほど間食が増え、食事に集中しているほど間食が減るということです。
つまり、ながら食いをするほど間食が増えて太りやすくなるといえるわけです。

それらを改善する方法は、オハイオ州立大学の研究でわかっています。
簡単にいえば「マインドフルに食事をしましょう」ということ。
食事に集中し記憶に残すことによって、食事に対する満足度が高まり、間食などの余分なカロリー摂取をしなくて済むというわけです。

マインドフルな食事をするためのトレーニング法が書かれた「味わう生き方」
無意識が食事に与える影響力なんかを書いた「そのひとクチがブタのもと」


ここらを知っておくと、なにかと便利ですよ。




昔はよくスナック菓子を食ったもんだ!







▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼manebi(Webキャスティング)

もっと深い専門知識を身につけたい方はこちら。

心理カウンセラー入門<フルバージョン>
信頼感を得るため押さえておきたい<スタンス>
FBI交渉術から学ぶ話を引き出す<テクニック>
いま学んでおくべき主な技術と効果<心理療法>

モテるを作る恋愛心理学<コンプリート>
行動経済学からモテる&女性脳を理解<男性向け>
恋愛における幸福度&男性脳を理解<女性向け>
恋愛へ発展&長続きさせるテクニック<男女共通>

心を開く説得・交渉術<コンプリート>
交渉の上手い人が使う交渉戦略<スタンバイ>
状況が人間に与える影響と選択<コントロール>
金銭交渉・瞬間説得・承諾誘導<テクニック>

自分を操り人を動かす経営術<フルバージョン>
経済的成功者が持つ3つの条件<タスク>
仕事環境を整え生産性を最大化<システム>
アイデア発想法&心理誘導法<ファクター>

人と差をつける勉強法<フルバージョン>
学習でやめるべき&するべき原則<ベース>
認知科学が明かした記憶&勉強法<マスター>
科目ごとの学習&戦略的勉強法<テクニック>


▼お悩みを解決したい方はこちら

コメント