農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

「癌」という思念に支配されないためのガイドライン#2

癌にかかるのは不運であり、おこげも動物実験によるものなので怯える必要はないという感じでした。
では、ヒトにはどんな被害がでてしまうのかご紹介します。


アクリルアミドと発癌性


観察研究を10件調査したシステマティックレビューによると、アクリルアミドの摂取量と発癌性を示したデータは少なく、アクリルアミドをたくさん食べるからといって癌の発症率が上がるわけでもないということです。
IARC(国際がん研究機関)では、アクリルアミドの発癌性を「グループ2A」に分類していて、紫外線やホットドリンクと同レベです。
——いっそのことカンストしてほしかったわ!
ちなみに「グループ2A」がどの程度かというと、「よくわからんが、とりま摂取量は控えておいた方がいいかな」という感じです。

揚げ物やポテチなんかはトランス脂肪酸の塊で、体に良くないのが見え見えなのでこれを機にやめてみてもいいかもしれません。
もし「やめたいけどやめれない、習慣になってて…」という方がいたら相談にのりますよ。
——と宣伝してみる。笑


すべての食事は癌の原因


スタンフォード大学の研究によると、我々が食べているもののほとんどが癌の原因になりうるということがわかっています。
ただし同時に、癌の予防にもなっているという面白い結果になっています。

この調査では、ランダムに食品を50種類ピックアップして、それらを近年のデータと照らし合わせ発癌性をチェック、「発癌リスクのある食品」と「癌予防になる食品」にわけグラフ化するという手順をとりました。

その結果がこちら



ちょいと分かりにくいと思うのでまとめると、

  • お茶やコーヒーや卵は予防効果もあるけど、発癌リスクもやや高め
  • 加工食品はもちろんのこと、肉は発癌リスクが高め
  • 野菜の予防効果は高めだが、発癌リスクも伴う
  • 調味料系は予防効果よりも、発癌リスクの方が上
といった感じでずらずらと並べましたが、結局なにが言いたいかといいますと、「これを食べれば癌を予防できる」とか「これを食べると癌になる」とかいう宣伝は論外であるということです。
なにを食べても癌を防ぐこともできれば、逆に癌を引き起こす存在にもなり得るため、体に悪そうなものは控えながら普通に食事をしていればいいわけです。
要するに、過度な心配はご無用でござるということを言いたいんです。
ネガティブに考える方がよっぽど癌の発症リスクを高めるやもしれません。

といったところで、「ネガティブ思考は発癌リスクを上げてしまうのか」という内容を次回ご紹介します。




今は癌よりも暑さをどうにかしてほしい…。笑








▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼manebi(Webキャスティング)

動画で手軽に専門知識がいつでも学べます。

心理カウンセラー入門<フルバージョン>
信頼感を得るため押さえておきたい<スタンス>
FBI交渉術から学ぶ話を引き出す<テクニック>
いま学んでおくべき主な技術と効果<心理療法>

モテるを作る恋愛心理学<コンプリート>
行動経済学からモテる&女性脳を理解<男性向け>
恋愛における幸福度&男性脳を理解<女性向け>
恋愛へ発展&長続きさせるテクニック<男女共通>

心を開く説得・交渉術<コンプリート>
交渉の上手い人が使う交渉戦略<スタンバイ>
状況が人間に与える影響と選択<コントロール>
金銭交渉・瞬間説得・承諾誘導<テクニック>

自分を操り人を動かす経営術<フルバージョン>
経済的成功者が持つ3つの条件<タスク>
仕事環境を整え生産性を最大化<システム>
アイデア発想法&心理誘導法<ファクター>

人と差をつける勉強法<フルバージョン>
学習でやめるべき&するべき原則<ベース>
認知科学が明かした記憶&勉強法<マスター>
科目ごとの学習&戦略的勉強法<テクニック>


コメント