農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

水のすヽめ#3

ダイエットには水なんだよな


前回の「食前に水を飲むと空腹感が減る」という内容で、総カロリーについて特記すべき効果は得られないといいました。
「なのに今度はダイエットに効果があるだと!?」と思うと思います。
——わたしもそう思いながら書いています。笑

これは2005年〜2012年に18,311名を対象としたイリノイ大学の研究で、1日に1リットル以上の水を飲むことで“脂肪”と“塩”と“砂糖”の摂取量が減り、総摂取カロリーが減少しました。
具体的には、いつもの量にプラスして230〜700ml飲むと、
  • 総摂取カロリーが68〜205kcal減少
  • 塩分摂取量が78〜235g減少
  • 砂糖摂取量が5〜18g減少
  • コレステロール摂取量が7〜21g減少 
といった感じです。
つまり、週に最大1400kcal減らすことができるということです。

1400kcalといえば、だいたい水泳を1時間行ったのと同じくらいの消費率です。
食事でいえば、ステーキ1kgくらいを消費したことになります。

ただし、健康的な食事をしている人には効果がない可能性大だということです。
なぜなら総カロリーが減る理由に関係があり、不健康な食生活が水を摂取することで抑えられたからということです。
たとえば、普段からソフトドリンクを飲んでいる人が1回分、水を飲むことになればそれだけ摂取カロリーが減ります。
要するに、カロリーの高いものが水というカロリーのないものに置き換わったことで総摂取カロリーが減り、ダイエットに効果があるということです。
なので“水”自体にダイエット効果があるかと言うと、微妙な感じです。


水の飲み過ぎはヤヴァイ!?


東洋医学では「水毒(すいどく)」という、
  • ひどい頭痛
  • 肌トラブル
  • 手足のむくみ
  • 長期的便秘
  • 肩こり・腰痛
  • 睡眠障害
の原因は、水の飲み過ぎによるものだというものがあります。
これらに確たる証拠は存在しないので流します。笑

そんなことよりも重大なのが「水中毒(みずちゅうどく)」の方です。
これは過剰に水分を摂取したことで生じる中毒症状のことで、体内のナトリウム濃度が下がり低ナトリウム血症(電解質代謝異常症)が起き、最悪のケース死にます。
通常だと腎臓の水分代謝量は1日に15リットルなため、これを上回らなければ大丈夫です。
とはいっても、短時間での大量摂取は控えた方がよく、小腸の水分吸収量には限界があるため、2リットルくらいを一気に飲むと下痢します。

腎機能からすれば、1日に体重1kgあたり50mlを飲むのがいいらしい。
つまり、50kgの人で2.5L、60kgの人で3L、70kgの人で3.5Lくらいになります。




「おまえそれ!寝耳みみずだな!」
——べ、べつに噛んでないし!笑







▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼manebi(Webキャスティング)

もっと深い専門知識を身につけたい方はこちら。

心理カウンセラー入門<フルバージョン>
信頼感を得るため押さえておきたい<スタンス>
FBI交渉術から学ぶ話を引き出す<テクニック>
いま学んでおくべき主な技術と効果<心理療法>

モテるを作る恋愛心理学<コンプリート>
行動経済学からモテる&女性脳を理解<男性向け>
恋愛における幸福度&男性脳を理解<女性向け>
恋愛へ発展&長続きさせるテクニック<男女共通>

心を開く説得・交渉術<コンプリート>
交渉の上手い人が使う交渉戦略<スタンバイ>
状況が人間に与える影響と選択<コントロール>
金銭交渉・瞬間説得・承諾誘導<テクニック>

自分を操り人を動かす経営術<フルバージョン>
経済的成功者が持つ3つの条件<タスク>
仕事環境を整え生産性を最大化<システム>
アイデア発想法&心理誘導法<ファクター>

人と差をつける勉強法<フルバージョン>
学習でやめるべき&するべき原則<ベース>
認知科学が明かした記憶&勉強法<マスター>
科目ごとの学習&戦略的勉強法<テクニック>


▼お悩みを解決したい方はこちら

コメント